印刷方向を決める設定方法【Excel・エクセル】

エクセル
この記事は約3分で読めます。

印刷するときに、横向きに印刷するのか・縦向きに印刷するのか、という設定を変更したことがありますか?

基本的に、ファイルごとに印刷方向の設定は保持されるので、この設定を知らないという方もいるのではないでしょうか。

以前の記事でもお話していますが、エクセルはWordやPowerpointと比べて印刷範囲の自由度が非常に高いです。そんなエクセルだからこそ、印刷方向の設定は知っておくべきです。

ということで今回は、印刷方向の設定についてご紹介します。

どんなときに印刷方向を変更するのか

エクセルでは表形式の資料が多くなると思うので、表形式の資料では下記を基準に印刷方向を変更します。

  • 縦向き印刷で列が収まるようであれば縦向き印刷
  • 横に長い表であれば横向き印刷(なるべく列が収まるように)

どんな資料でも1ページで伝えたいことが収まるようであればそれに越したことはありません。複数ページにまたがるようなときは、横(列)のデータが収まるほうが見やすい資料になると思います。

場合によっては、印刷用紙の大きさを変更することも考える必要があります。

印刷方向の変更方法

印刷方向の変更方法になります。方法は2つあり、どちらの方法でも、今の印刷方向についても確認できます。順に説明していきます。

印刷プレビューから変更する方法

印刷前に必ず確認する「印刷プレビュー」で印刷方向を変更する方法です。


①「ファイル」タブをクリック

②画面左側の「印刷」をクリック

③「〇方向」の項目をクリックでプルダウンが表示されるので、任意の方向を選択

縦方向の場合の印刷プレビュー
横方向の場合の印刷プレビュー

上記手順で、表示されている印刷方向が設定されている方向となります。印刷方向に伴い、印刷範囲が変更されるため、印刷プレビューも変更されます。

ページレイアウトタブから変更する方法

いちいち印刷プレビューを開くのが面倒な方はページレイアウトタブからでも変更できます。


①「ページレイアウト」タブをクリック

②「印刷の向き」をクリックし縦か横を選択


こちらの方法でも印刷範囲が設定に応じて変更されます。

ページレイアウト表示で印刷イメージを確認する

印刷プレビューでは印刷範囲の修正が出来ませんが、ページレイアウト表示であれば印刷範囲を確認しながら変更が出来ます。

ページレイアウト表示については下記記事をご参照ください。

ページレイアウト表示で印刷方向縦のパターン
ページレイアウト表示で印刷方向横のパターン

まとめ

  • 印刷方向は、なるべく縦、列データが収まらなければ横方向
  • 印刷方向は、印刷プレビューもしくはページレイアウトタブから変更する

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました