印刷ページ数の設定方法【Excel・エクセル】

エクセル
この記事は約2分で読めます。

前回の記事で印刷プレビューに関してご説明をしましたが、各種設定の中から今回は印刷ページ数の設定方法をご紹介します。

あなたは、エクセルを印刷するときに全ページを印刷してしまっていませんか?不要なページも印刷してしまっているなら今すぐやめましょう。

紙費用・印刷費用・不要な紙を捨てる時間・地球の環境全てにおいてもったいないです。

今回ご紹介する方法で、是非無駄を削減してください。

印刷するシートの選択

印刷するシートを選択や範囲を設定します。選択肢は3つありますので、順にご紹介します。

作業中のシートを印刷

1つ目は、印刷プレビューを開く前に表示されていたシートのみを印刷する方法です。2つ以上のシートが存在するときに、他のシートを印刷対象としたくない場合に有効な方法です。


「作業中のシートを印刷」を選択

【結果】印刷プレビューでは印刷対象範囲が表示されます。


ブック全体を印刷

2つ目は、他のシートも印刷対象にする方法です。複数シートをいっぺんに印刷したい場合に有効な方法です。


「ブック全体を印刷」を選択

【結果】他のシートのページ数も乗っかった形で印刷プレビューされます。


選択した部分を印刷

最後に、選択した部分を印刷する方法です。一部分を印刷したいというときに有効な方法です。


「選択した部分を印刷」を選択

【結果】印刷プレビューを開く前に選択している部分が印刷プレビューされます。なお、このときヘッダーフッターは印刷されます。


印刷するページ数の選択

印刷するシートや範囲が決定したら、その中で印刷するページ数を選択します。

例えば「作業中のシートを印刷」にした場合、作業中のシートのページ数が10ページだった場合、全て印刷するのではなく、「1ページのみ」や「3~5ページのみ」の設定が出来ます。


「ページ指定」の〇から〇の部分にページ数を入力。どの部分が何ページ目になるかは、印刷プレビューを参照ください。


印刷する範囲を変更する

印刷する範囲という点では、改ページを有効に活用すればもっと自由度が広がります。改ページを設定する「改ページプレビュー」に関しては下記記事でご説明していますので、合わせてご覧ください。

まとめ

  • 印刷するシートの選択方法は、作業中のシート・ブック全体・選択した範囲の3つ
  • 印刷するページ数は、〇ページから〇ページまでという指定をする

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました