全体確認ならページレイアウト【Excel・エクセル】

エクセル
この記事は約2分で読めます。

あなたはリボンの「表示」タブのページレイアウト表示を使用したことはありますか?人によっては全く使用しないという方もいるかと思います。

というのも、ページレイアウト表示にしなくても他の方法で事足りてしまうことが多いから。

ですが、このページレイアウト表示が結構便利なので、今回ご紹介することにしました。今まで使用したことがない方も、この機会に覚えてみてはいかがでしょうか。

ページレイアウト表示で出来ること

まずページレイアウト表示とは、下記のような表示のことです。

行番号の左、列番号の上にメモリのような表示があり、標準では見れないヘッダーも見えるようになっています。

ページレイアウト表示は簡単に言えば、印刷するとどのようにプリントされるか、という全体が見れる状態になる表示のことです。

肝心のページレイアウト表示で出来ることですが、下記になります。

  • ヘッダーフッターの編集が素早く出来る
  • 余白の調整がドラッグで出来る

一方でデメリットもあります。

  • 余白やヘッダーフッターが表示されるため、セルの編集時に見づらい
  • 改ページ設定は出来ない

今回は、出来ることを中心にその方法をご紹介していきます。

ヘッダーフッターの編集

ページレイアウト表示で最大のメリットです。主にヘッダーの情報をすぐに編集できるのは、非常にありがたいですね。

また、ヘッダーもしくはフッターにカーソルを入れると「ヘッダーとフッター」というタブが表示され、このリボンからヘッダーフッターの設定が簡単にできます。


①ヘッダーの右・中央・左のいずれかをクリック

②「ヘッダーとフッター」タブをクリック


余白の調整

余白の調整はおまけのような感じです。ドラッグで調整する分、私のように不器用な方は少しイライラしてしまうかもしれません。


【左余白】列番号Aの上のメモリの境目にマウスポインタを動かし、双方向の矢印に変わったらドラッグ

【上余白】行番号1の左のメモリの境目にマウスポインタを動かし、双方向の矢印に変わったらドラッグ

画像左:【左余白】 画像右:【上余白】

また、編集中に余白を表示させないことも可能です。余白の部分が邪魔だと感じた方は下記の手順で非表示にしてください。

シートの境目にマウスポインタを動かし、下記のようなポインタに変わったら1クリック


まとめ

  • ページレイアウト表示で出来ることは、ヘッダーフッターの素早い編集と余白の調整
  • 「表示」タブ「ページレイアウト」で表示可能

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました