改ページプレビューで印刷範囲設定【Excel・エクセル】

エクセル
この記事は約3分で読めます。

エクセルファイルを印刷しようとして、表が見切れてしまったり1ページ目に印刷されてほしい部分が2ページ目になってしまったりしたことはありませんか?

エクセルを印刷する場合、WordやPowerpointのように1枚ずつ(印刷単位)に分かれていないため、どの部分を印刷するか、というのを指定しなければなりません。

とは言っても、一から指定していくわけではなく、入力データがある範囲はエクセルがあらかじめ自動で判断し、ある程度の印刷範囲を設定してくれています。

ですので、使用者は印刷時に体裁を整えるぐらいで、印刷範囲を指定すれば万事OKです。もちろん、一から印刷範囲を指定し直すことも可能です。

今回は、その体裁を整える方法を「改ページプレビュー」という方法を用いてご説明します。

改ページプレビューとは

改ページとは、ページを区切って新しいページに切り替わることです。プレビューとは、前もって確認することです。

つまり、「改ページプレビュー」というのは、ページを区切るところを前もって確認することという意味になります。

実際の画面が下記になります。

何ページ目なのかということがうっすらと表示されていて、青い点線がページの区切りを表しています。この2つは、標準のエクセル画面には表示されません。

改ページプレビューならではの表示となり、この2を見ながらページの区切りを行っていきます。

改ページプレビューにする方法

改ページプレビュー画面にする方法はいたって簡単です。


①「表示」タブをクリック

②「改ページプレビュー」をクリック


なお、左隣にある「標準」がエクセルを開いたときの初期表示になります。「改ページプレビュー」から「標準」に戻したいときは、「標準」をクリックすることで戻ります。

印刷範囲を変更する方法

改ページプレビュー画面にできたら、印刷範囲(ページの区切り)を変更します。なお、初めに表示されている青い点線(印刷範囲)はコンピュータが自動で判断しているものです。

青い実線のものが人が変更・調整したものになります。


①青い点線の上にマウスポインタを持っていき、変更したい方向にドラッグ


上記例の通り、変更した印刷範囲(ページ区切り)は点線から実線に変わります。また、1ページ目の印刷範囲を変更すると、2ページ目以降も範囲が自動調整されます。

これは、どこの印刷範囲を変更するかにもよりますが、1つでも変更をした場合は必ず他の印刷範囲も確認しましょう。

まとめ

  • 改ページプレビューとは、ページを区切るところを前もって確認すること
  • 改ページプレビューにするには、「表示」タブ→「改ページプレビュー」をクリック
  • 印刷範囲を変更するには、青い点線をドラッグする

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました