グループ化で見たい物だけ見る【Excel・エクセル】

エクセル
この記事は約4分で読めます。

横にながーい表やExcelデータを見たことはありませんか?

Excelは膨大な量のデータを保有できることから、1つのExcelファイルにデータを詰め込みたいという人は多いと思います。

ですが、データ量が多いと見づらくなり、何が重要なアイテムなのかが判別しにくくなってしまいますし、なにより見にくいということは作業性が落ちてしまいますよね。

冒頭で申し上げた「横に長い表」もよくある例です。これを見やすくするために、普段使用しない列を「非表示」にする方法がありますが、これだと再表示するのに時間がかかってしまいます。

普段は使用しないが、見たいときにパッと見れるように準備しておくことができるのが、今回ご説明する「グループ化」です。

長い表やデータの取り扱いにお困りの方はご参考にしていただければと思います。

グループ化とは

グループ化というのを簡単にご説明します。

下記画像のように、D列~F列をグループ化したい(見えなくしたい)とします。非表示にするという方法もありますが、今回はグループ化を行います。

グループ化を行うと、下記のように「+」「-」の表示が列番号の上もしくは行番号の左に表示されます。このアイコンをクリックすることで、非表示にしたり再表示したりができます。

メリットとしては、1クリックで再表示できるという利便性と、ここはグループ化してあるということを示すことができます。

これは、列や行の非表示では絶対にできないことですね。

グループ化の設定方法

今回は、列の設定を例にしてご説明しますが、行でも同様に行うことができます。

グループ化設定


①グループ化したい列を選択

②「データ」タブをクリック

③「グループ化」をクリック


上記の作業で、列であれば列番号の上に「-」アイコンが表示されます。

表示・非表示

表示や非表示については、冒頭あたりで説明しているアイコン「+」「-」を1クリックする方法と、全てのグループに対して表示・非表示を行う方法があります。

下記では、全てのグループに対して表示・非表示を行う方法をご説明しています。


列番号左上の「1」をクリックすることで、設定されているグループを全て非表示

列番号左上の「2」をクリックすることで、設定されているグループを全て表示


グループ化の解除方法

グループ化したものを解除する方法になります。解除の方法は1列単位の解除方法と、複数列などの一括での解除方法がありますので、それぞれご説明していきます。

列・行ごとに解除

1列単位の解除方法をご説明します。


①グループ化を解除したい列を選択

②「データ」タブをクリック

③「グループ解除」をクリック

解除した列がグループの端の列のため、もともとD列~F列のグループがE列~F列のグループに変わりました。下記ではもう一つの例をご紹介します。


①D列~F列のグループに対し、E列を選択

②「データ」タブをクリック

③「グループ解除」をクリック

上記例では、もともとD列~F列のグループのうち真ん中のE列が解除されたので、D列とF列に分かれてのグループとなりました。


解除する箇所により、思わぬ形で解除されてしまうことがあるのでご注意ください。

一括で解除

全てのグループに対して解除する方法をご説明します。


①A列の左横、1行目の上をクリック(全て選択)

②「データ」タブをクリック

③「グループ解除」をクリック

④「列」を選択し「OK」をクリック

上記例では、全ての列に対して行っていますが、「行」を選択することで全ての列に対して行うことができます。また、複数列を選択して「グループ解除」を行うことももちろん可能です。


まとめ

  • グループ化とは、非表示よりも便利なデータを見やすくするツール
  • 設定方法は、列や行を選択し「データ」タブ「グループ化」をクリック
  • 解除方法は、解除したいグループを選択し「データ」タブ「グループ解除」

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました