文字配置を任意に設定【Excel・エクセル】

エクセル
この記事は約3分で読めます。

セルの中の文字の表示位置を変更したいと思ったことはないでしょうか。

文字は初期設定ではセルの左側に、数値は右側にそろえられています。ただ、レイアウトによってはセルの中央に表示させたい、ということも少なくないのではないでしょうか。

エクセルでは、文字・数値・日付など、どんな形式の入力値でもセルの中に入っているデータであれば上下左右好きな方向に設定することができます。

今回はそんな文字の配置に関する設定方法をご説明しますので、ご自身の資料にあった配置設定をしてみてください。

配置を設定する箇所

セル内の配置を設定する方法は下記になります。エクセル内では共通の場所となりますので覚えておきましょう。


「ホーム」タブ → 配置グループ左側


セルが選択された状態で、上記の設定をクリックすることで任意の配置設定をすることができます。下記では、それぞれの配置をすることでどのように変更されるのかをご紹介します。

デフォルトの配置

まず、初期値(変更しない場合)では下記のように表示されます。

設定箇所の「上下中央揃え」が選択されています。これは、セル内で上下に関して中央に表示することを意味しています。

何も変更しなければ、このままの表示となります(数値は右詰めで表示されます)。

配置ごとの凡例紹介

続いて変更を行った場合をそれぞれご紹介します。

上揃え:上に詰めて表示します。

下揃え:下に詰めて表示します。

上下中央揃え&左揃え:上下の中央に表示して、左に詰めて表示します。

上下中央揃え&中央揃え:上下左右の中央に表示します。

上下中央揃え&右揃え:上下の中央に表示して、右に詰めて表示します。

なお、範囲選択して一括で変更することも可能です。また、解除する場合は、同様の手順を行うことで解除されます。

表示形式が数値のときだけ右に隙間ができる?

入力値が数値のときは右側に詰めて表示されますが、表示形式が数値のときに右側に隙間ができているのを見たことがある方はいませんか?

下記例では、J1セルに数字の「1」が入力されており表示形式は「標準」です。一方、J2セルには同様に「1」が入力されており表示形式は「数値」です。配置に関しては違いはありません。

これはいったいなぜでしょう?

結論から先に言ってしまうと、表示形式の数値には右側にスペースが入っているからです。

詳しく説明しますと、まず表示形式を数値にしたときの設定がどのようになっているかというのが下記でわかります。

0_);[赤](0)」は左の部分が正の数だった場合の表示形式、右の部分が負の数だった場合の表示形式を設定しています。

このうち正の数の「_)」の部分が「)」分だけ隙間をあけなさいという指示をしています。だから、正の数「1」が入力されたときに右側に半角スペース分の隙間があいていたわけですね。

なぜこんな指定がされているかというと、負の数と正の数が入力されている場合、数値の部分が揃うようにしているためです(下記画像)。

なお、「_)」の部分を消すことでスペースはなくなりますので、気になる方は設定してみてください。

まとめ

  • 文字配置は、「ホーム」タブ → 配置グループ右側にあるところをクリック
  • デフォルトの設定は、文字は左、数値は右
  • 文字配置は、上下左右で好きな設定ができる
  • 表示形式が数値のときに右側にできる隙間の原因は、表示形式による設定

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました