絶対役立つコメント機能【Excel・エクセル】

エクセル
この記事は約3分で読めます。

エクセルの印刷時に、自分が分かるようにセルに入力しておいた補足情報をいちいち削除して印刷していたりしませんか?

また、レイアウトが崩れるので補足情報は書かない、という方法でエクセルを使用していたりしませんか?

これらの悩みは、今回ご紹介する「コメント機能」で解決してしまいます。

コメント機能を使用すれば、印刷時に不要な部分は印刷されませんし、補足情報用のセルも必要ありません。

この機会に覚えられるように詳しくご説明していきます。

コメント機能とは

コメント機能とは、1つのセルごとに情報を記載できる機能のことで、マウスポインタをそのセルに合わせることで表示されます。

マウスポインタがセル上に無い場合は表示されない、というのが基本です。

基本表示されなていないので、どこのセルにコメントが設置されているかわからない、ということを避けるために、コメントが設置してあるセルには右上に目印が記載されています。

そして、コメント機能の最大の特徴は、印刷時に表示されないことです。印刷したくない場合にはうってつけの機能ですね♪

もちろんコメントも含めて印刷することも可能です。コメントの印刷方法に関しては下記で記載しております。

コメント機能の使用方法

新規にコメントを追加する・削除する方法と、表示方法についてご説明します。

新しいコメント

新規にコメントを追加する方法です。


①コメントを追加したいセルを選択

②「校閲」タブをクリック

③「新しいコメント」をクリック

【結果】新規のコメントが追加されます。

コメント枠は大きさを変えられるので、四隅をドラッグして任意の大きさに変更します。

また、コメント内のフォントの情報等も変更可能ですので、任意のフォント、大きさに変更し完了です。


コメントの削除

追加したコメントを削除する方法をです。


①削除したいコメントがあるセルを選択

②「校閲」タブをクリック

③「削除」をクリック


コメントの表示・非表示

マウスポインタをコメントが入ったセルに合わせることで表示される、というのがコメント機能の初期値の設定ですが、常に表示させておくという設定も可能です。

どんなときに役立つかというと、絶対に見せておきたい情報や、そのセルが何を表しているのかという情報などを、Excelを開いた瞬間にパッとわかるようにしたいときに有効です。

なによりマウスポインタをいちいち合わせるのは結構面倒です。表示しているかどうかで、情報の重要度を設定するのも運用の一つですね。

以下は、常に表示させる方法になります。

1つのコメントを常に表示させる方法


①常に表示させたいコメントがあるセルを選択

②「校閲」タブをクリック

③「コメントの表示/非表示」をクリック


すべてのコメントを常に表示させる方法


①「校閲」タブをクリック

②「すべてのコメントの表示」をクリック

補足

常に表示を解除するときは、もう一度同じ操作をすることで解除されます。

まとめ

  • コメント機能とは、1つのセルごとに情報を記載できる機能のことで、基本印刷されない。
  • コメント機能の設定は、「校閲」タブにある
  • マウスポインタをセルに合わせることで表示されるのが基本だが、常に表示させる方法もある

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました