作業性UPウィンドウ枠の固定【Excel・エクセル】

エクセル
この記事は約4分で読めます。

あなたは、Excelファイルを作成したときにウィンドウ枠の固定は使用していますでしょうか?

この機能を知っていて使用していないならいいですが、知らないのであれば非常に勿体ないです。

この機会に、ウィンドウ枠の固定機能の内容を覚えて使用していくことをお勧めします。なぜなら、

この機能で、作業性がUPし、他者に対してもわかりやすい資料となるからです。

「ウィンドウ枠の固定」がどういった機能なのか、設定の方法、気を付けること等、下記でご説明していきます。

ウィンドウ枠の固定とは

ウィンドウ枠の固定とは、画面をスクロールをしても決めたところはスクロールされず画面上に固定される機能のことです。

下記は1つの例ですが、右側はスクロールしたら画面全てがスクロールされていて見出し行が見えなくなってしまっています。対して左側は見出し行もしっかりと表示されています。

このように、見出し行を見れるようにしておくことで、入力時や確認時にいちいち上にスクロールする必要がなくなるので、作業性がUPします。

また、他者に見てもらうときも、ウィンドウ枠の固定をしておけば、「これは見るときに必要ですよ」ということが暗に伝えることができます。

なお、下記のように列の固定もできますし、好きなところで固定させることも可能です。

設定の方法は3つあります。

  • 自由に設定できる「ウィンドウ枠の固定」
  • 先頭行の固定
  • 先頭列の固定

それぞれご説明していきます。

ウィンドウ枠の固定の設定方法

ウィンドウ枠の固定はリボンから設定するだけなので、手順としては非常に簡単です。

ただ、設定するときの画面もしくはアクティブセルがどのようになっているかで、どういった固定になるかが変わるので、コツが必要です。

それぞれのコツについて説明していきます。

ウィンドウ枠の固定

ウィンドウ枠の固定設定は、固定させたいところを自由に設定できます。コツは、ウィンドウ枠の固定を設定する前のアクティブセルの位置にあります。

ウィンドウ枠の固定では、アクティブセルを基準に、上の行・左の列が固定されます。


下記例では、C2セルをアクティブセルの状態にし、

①「表示」タブをクリック

②「ウィンドウ枠の固定」をクリック

③プルダウンから「ウィンドウ枠の固定」をクリック

【結果】C2セルよりも上の行(1行目)、C2セルよりも左の列(B列,A列)が固定されます。

先頭行の固定

先頭行の固定は、その名の通り「先頭行を固定」します。このとき気を付ける点は、1行目ではなく、今表示されている中で先頭の行が固定されるということです。


下記例では、11行目が表示されている中の先頭行の状態で、「先頭行の固定」を実行すると、11行目が固定されて、それより上の行は見えなくなってしまいます。

そんなことにならないように、表示されている先頭行が固定したい行になるようにあらかじめスクロールしておきます。

表示されている画面で問題ない状態で、①「表示」タブをクリック

②「ウィンドウ枠の固定」をクリック

③「先頭行の固定」をクリック

先頭列の固定

先頭列の固定も、先頭行の固定と同様の点を気を付けます。


表示されている先頭列が固定したい列になるようにあらかじめスクロールしておきます。

表示されている画面で問題ない状態で、①「表示」タブをクリック

②「ウィンドウ枠の固定」をクリック

③「先頭列の固定」をクリック

補足

ウィンドウ枠の固定は、Excelの中で1つの作業として判定されないので、元に戻す「Ctrl」+「Z」は使用できませんのでご注意下さい。

ウィンドウ枠の解除の方法

ウィンドウ枠の固定を解除する方法をご紹介します。

「スクロールはされているのに画面が動かない!」というときはウィンドウ枠の固定がされてしまっている可能性があります。そんなときにも、一度解除してみるといいでしょう。


①「表示」タブをクリック

②「ウィンドウ枠の固定」をクリック

③「ウィンドウ枠の固定の解除」をクリック

ウィンドウ枠の固定がされていると、表示が「ウィンドウ枠の固定の解除」となっています。解除を行うと再度「ウィンドウ枠の固定」の表示になり、設定ができるようになります。

まとめ

  • ウィンドウ枠の固定とは、画面を固定させて見出し等を見やすくする機能のこと。
  • 「ウィンドウ枠の固定」は、アクティブセルが基準。
  • 「先頭行の固定」「先頭列の固定」は、表示されている先頭が基準。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました