見栄えをよくするシートの非表示【Excel・エクセル】

エクセル
この記事は約3分で読めます。

前回の記事で「列や行の非表示の方法」をご紹介しましたが、この非表示にするという機能はシートに対しても使用できます。

シートを非表示にするメリットとしては、

  • 見てほしくないシートを隠すことができる。
  • 編集されたくないシートを隠すことができる。
  • Excelのシート一覧がすっきりする。

などがあります。

シート数が多すぎるとわかりにくかったり、見にくい資料になってしまったりします。

ただ、Excelはデータを区分けするのに便利なシートという機能があるので、データ別にシートを用意しておくことは重要である、という一面もあります。

ここは少し難しいのですが、用途によって使い分けていくことをお勧めします。

個人的には、そのファイルを使用する人にExcelをうまく利用できない人がいる場合不要なシートは非表示にしておきます。

逆に、Excelに関してうまく運用できる人が多い場合は、不要なシートでも表示させておきます。

なぜなら、Excelができない方にとっては情報量が少ないほうが理解しやすいからです。

逆に、Excelができる方にとっては情報量が多いほうが理解しやすい(調べようとする)からです。人によって好き嫌いがあるので一概には言えませんが、私はそうしています。

運用についてはさておき、とりあえず方法を知らないといけませんので、今回の「シートの非表示・再表示方法」について説明していきます。

シートの非表示の方法

まずは、シートの非表示方法を説明します。


まず、シートの一覧の中から非表示にしたいシートが見える状態にしておきます。

①非表示にしたいシートの上で右クリック

②「非表示」をクリック

【結果】シートが一覧の中から消え、非表示の状態になりました。

なお、シートを非表示にする前に、キーボードの「Ctrl」キーをタップしながら複数選択することで、複数シートを一括で非表示にすることも可能です。

また、データ自体は存在しているので、関数等で非表示シートからデータを抽出することは可能ですのでご安心を。

シートの再表示の方法

では続いて、シートの再表示の方法を説明します。


①シートの一覧の中でどのシートでもいいので、シートの上で右クリック

②「再表示」をクリック

③再表示するシートを選択する画面が表示されるので、再表示したシートを選択し「OK」ボタンをクリック

【 結果 】非表示シートが再表示されました。

なお、再表示されるときにどこの位置に再表示されるかというと、

そのシートが表示状態時にあった元の位置に再表示されます

再表示したときは、再表示したシートがアクティブになるので、どこいった??ってことにはならないと思います。

まとめ

  • シートの非表示の方法は、シートの上で右クリック「非表示」クリック
  • シートの再表示の方法は、シートの上で右クリック「再表示」クリック
  • 非表示でも存在はしているので、データとして活用することが可能

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました