見栄えをよくする列・行の非表示【Excel・エクセル】

エクセル
この記事は約3分で読めます。

Excelファイルを作成して、他の人に見てもらいたいときに不要なデータが見えていると不親切ですよね。

意外と気づいていない人が多い印象ですが、とりあえず全てのデータを見てもらうというのは不親切だと私は思っています。

そうだとしても、列とか行を削除するわけにもいかないという場合があります。そんなときに、非表示にする機能がExcelにはあります。

この機能をうまく活用して、見やすい資料作りをしていきましょう。もちろん非表示にしたら再表示できないとダメです。

ということで、今回は「列や行を非表示にする・再表示する方法」をご紹介します。

列や行を非表示にする方法

手順はいたって簡単です。


①非表示にしたい列を選択(範囲選択も可能)し右クリック

②「非表示」をクリック

【結果】C列が非表示になりました。

非表示になっている列がある場合、列番号のところに二重線みたいなものが入っているのが特徴です。

豆知識

キーボードの「Ctrl」キー+「0」キーでも非表示にできます。

非表示にした列や行を再表示させる方法

非表示の列や行を再表示する方法です。これができないと非表示のデータを修正することができなくなってしまいますね。

下記2つの方法があります。

  • ダブルクリックで再表示させる
  • 右クリックで再表示させる

では、それぞれ説明していきます。

ダブルクリックで再表示させる


①非表示の列や行の番号のところにマウスポインタを持っていく

のポインタに変わったらダブルクリック

これは複数列や複数行を再表示させることも可能です。列幅・行の高さを変更する方法でも、再表示させることが可能ですので、気になる方は下記記事もご参照ください。

右クリックで再表示させる


①再表示したい列の両サイドの列を複数選択し右クリック

②「再表示」をクリック

こちらは右クリックで再表示させるため、ダブルクリックより1回作業が多いです。作業の速さを求めるならお勧めしません。この方法もあるということぐらい覚えておくのでいいでしょう。

なお、今回は列を例にご紹介しましたが、行でも同様の手順で非表示・再表示できますのでご認識おきください。

豆知識

キーボードの「Ctrl」キー+「Shift」キー+「0」キーでも再表示できます。

非表示にした際に気を付けること

非表示はあくまで見えなくしただけで、ちゃんと存在しています。

ですので、非表示列や行があることを把握していないと、思わぬエラーが出てしまうことについてご紹介します。

関数で思わぬエラー

非表示列がある場合、気を付けないといけない代表的な関数は「VLOOKUP」です。

VLOOKUPでは、何列目のデータを取得するかを指定するところがありますが、そのとき、非表示列はカウントされるのでしょうか

答えは、カウントされるのです。

10列目のデータを取得したい場合、8列目に非表示の列があったとしても、その列もカウントして10列目と指定しなくては正しいデータの取得ができません。

詳細については、関数の記事でも解説をしていきます。非表示でもデータはある、という考え方で覚えておきましょう。

マクロで思わぬエラー

こちらも関数と同じですね。

非表示でもデータはあるので、データがあるという想定でマクロを作成しないと、思った通りに動きません。

まとめ

  • 列や行を非表示にする方法は、右クリックで「非表示」をクリック
  • 再表示させる方法は、ダブルクリックもしくは右クリックで「再表示」をクリック
  • 関数やマクロでは、非表示されていても存在していることを前提に設定することが重要

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました