四則演算(+・-・÷・×)【Excel・エクセル】

エクセル
この記事は約3分で読めます。

演算機能はコンピュータが最も得意とする分野です。

Excelでは、四則演算だけでなく、関数という演算する機能がもとから用意されています。

関数は機能としては独立していますが、どれも四則演算が基本です。

この四則演算をマスターしてから、関数に移っていきましょう。

足し算(+)と引き算(-)

まずは基本中の基本、足し算引き算です。

ここでは、Excelの中でどうやって足し算引き算をするのかをご紹介します。

足し算(+)

足し算の式は「〇+〇」が基本ですね。

Excelで式を作るときは、これに「=」を付けます。

下記図の通り、演算結果を表示させたいセルに直接式を入力します。

また、このとき数式バーに入力することも可能です。

上記図は数値を式の中に入力していますが、

セル参照という機能を使って式を作ることが可能です。

下記図をご覧下さい。

C3とD3というセル番地を指定しています。

このセル参照を使うことのメリットは後述しますので、まずはこんな方法があると覚えましょう。

引き算(-)

続いて引き算です。

考え方と式の作り方は足し算と一緒です。

一点だけ違うところは、式によってはマイナス表記があることぐらいですかね。

表示方法については、別レベルでご紹介しますのでここでは割愛します。

足し算同様、セル参照が使えますので、その使い方を下記図で説明しています。

セル参照をするメリット

割り算・掛け算の前に、セル参照を使うとどんなメリットがあるのかご説明しますね。

下記図をご覧下さい。

数値を直接入力しているC10セルと

セル参照を使用しているC11セルを見てください。

C10セルは「30+20」をしていだけなので、他のセルに変更があっても演算結果は変わりませんわ。

一方、C11セルは「C3+D3」をしているので、どちらかの値が変更されれば演算結果も変わってきます。

ですので、考え方としては下記のように覚えておきましょう。

  • 特定の数値を計算したい場合は、数値を式に直接入力して式を作る
  • ここのセルとあそこのセルを計算したい場合は、セル参照で式を作る

Excelを使用する上では必須の機能なので、

必ず理解してから進むようにしましょう!

割り算(÷)と掛け算(×)

続いて割り算と掛け算です。

足し算と引き算よりも計算の順序が先、というのが割り算と掛け算の特徴ですね。

また「÷」ではなく「/」、「×」ではなく「*」を使用することになります。

あとは、足し算・引き算と基本同じです。

割り算(÷)

割り算は「/」という記号を使用して計算を行います。

数値入力・セル参照どちらも使用することが可能です。図を記載しておきます。

掛け算(×)

掛け算は「*」という記号を使用して計算を行います。

数値入力・セル参照どちらも使用することが可能です。図を記載しておきます。

四則演算の組み合わせ

四則演算を組み合わせて計算することも可能です。

下記図では、セル参照で組合せの計算式を入れてみました。

四則演算の演算順序は下記のとおりです。

  • ①カッコ付きの計算式
  • ②割り算・掛け算
  • ③足し算・引き算

簡単に言えば、算数と同じということですね。セル参照でも、行っていることは算数です。

覚えたら、身構えずに色々な計算をやってみましょう。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました