全角⇔半角と再変換の方法【Excel・エクセル】

エクセル
この記事は約3分で読めます。

皆さんはこんな経験はありませんか?

キーボード見ながら打ち込んだせいで、

半角で入力したかったのが全角になってしまった。

変換して確定したけど、

やっぱり違う漢字にしたかった。

こんなとき、入力しなおすのは面倒ですよね。

全角で入力しているもので確定前であれば、キーボードの1タップで半角にすることが可能です。

また、1度確定してしまった文字でも、再変換が可能です。

そんな便利な入力方法について簡単にご紹介します。

全角から半角・半角から全角に変換する方法

最も多いのが、キーボードを見ながら打ち込み始めて、少し打ち込んで画面を見てみたら全角だった。というパターンが多いのではないでしょうか。

また、とりあえず入力してみるけど、入力した感じで全角・半角を決めたい。という方もいらっしゃるでしょう。

そんなときに便利なのが、ファンクションキーです

ファンクションキーとはキーボードの上のほうにあるキーのことです。

全角入力中に下記のファンクションキーをタップすると、任意の文字に瞬時に変換してくれます。

下記に変換内容を記載しておくのでご参照ください。

  • F6:ひらがな
  • F7:全角カタカナ
  • F8:半角
  • F9:全角英数字
  • F10:半角英数字

ただし、これは日本語入力ONのときだけ有効なのでご承知おきください。

なお、これはExcelだけでなくパソコン(Windows)全般での操作となるので、覚えておいて損はありません。

↓日本語入力については下記記事をご参照ください↓

一度確定した文字を再変換する方法

こちらも要望としては結構多いと思います。

「Enter」キーで一度確定したが、やっぱり違う漢字に変換したい。という場面や、半角大文字にしたけど、半角小文字にしたかった。という場面。

そんなとき、いちいち削除して入力しなおさなくてもいい方法があります。

上記のように一度確定している文字に対して、

手順
  1. キーボードの「Shift」キーで再変換させたい文字を選択
  2. キーボードの「変換」キーをタップ
  3. 再変換を行う

上記の手順で再変換することができます。

補足
  • 全角の漢字やひらがなは再変換後に半角・全角の英数字にすることは可能〇
  • 半角英数字(大文字)を半角英数字(小文字)にすることは可能〇
  • 半角英数字を全角のひらがなや漢字に再変換することは不可能×

まとめ

本記事のまとめは下記になります。

  • 全角から半角、半角から全角にする方法は、「ファンクションキー」が鍵
  • 1度確定した文字を再変換する方法は、文字を選択して「変換」キーをタップ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました