誰でもできる入力の基本【Excel・エクセル】

エクセル
この記事は約3分で読めます。

現在、パソコンはビジネスを行う上では必須のアイテムであり、各企業に使用されているので、入力の方法を知らないという方は少ないのではないでしょうか。

しかし、業種によっては一般職のうちは使用しなかったけども、管理職になって使うようになるという方もいるかと思います。

ですので、今回は、これからパソコンを使用するという方でもわかるように、Excelでの基本的な入力方法をご紹介します。

日本語入力OFF・ONの入力

日本語入力OFF(主に英数字)と、日本語入力ON(主にひらがな・漢字)でそれぞれ説明をしていきます。

日本語(ひらがな・カタカナ・漢字)というのは、半角で表現できるカタカナを除いてすべて全角入力になります。

したがって、日本人は全角を使うことが多いですよね。

この全角というのが、後々行うデータ変換や抽出作業時の障害になってくる部分です。

なるべく統一した入力方法で入力作業をしておくことをお勧めいたします。

日本語入力OFFの入力

まずは、日本語入力OFFでの入力方法になります。

日本語入力がOFFになっているか確認します。

日本語入力がOFFになっていなかった場合(上記図のようになっていなかった場合)、日本語入力切替キーで入力形式を切替ます。

日本語入力がOFFの状態で、Excelを開き、入力したいセルを1回クリックします。

文字を入力すると(キーボードで何かタップする)、入力状態になり、入力できるようになります。

文字入力が出来たら、キーボードのEnterキーをタップし入力内容を確定させて完了です。

入力時の注意点は、セルがアクティブな状態で文字入力を行うと、入力されていたデータが消えてしまうこと

もともとの入力値を編集したい場合は、編集したいセルをアクティブな状態にし、「F2」キーをタップすることで、入力状態にすることができます。

もしくは、数式バーをクリックすることでも編集を行うことができます。

日本語入力ONでの入力

続いて日本語入力ONでの入力方法になります。

まず、日本語入力がONになっているか確認します。

日本語入力がONになっていなかった場合、日本語入力切替キーで入力形式を切替ます(本記事上のほうにある図を参考にしてください)。

入力したいセルをアクティブにし、文字を入力します。

日本語入力OFFに対して、日本語入力ONは変換することができるので、「Enter」キーで入力値を 一度確定させなければいけません。

漢字やカタカナに変換する

日本語入力ONでは、漢字やカタカナに変換することが可能です。

入力すると、変換候補が表示されるので、ここから選択することで漢字やカタカナに変換できます。

この変換候補はよく使う単語を自分のパソコンに登録しておけば、予測変換を行ってくれるという機能があります。

IMEのアイコンを右クリックし、「ユーザー辞書ツール」をクリックすると、設定画面が開くので、そこで登録するだけで、入力の手間がなくなります。

標準の変換予測が優秀なので、私は登録していません。

また、変換候補から選択以外にも、キーボードの「スペース」キーで変換したり、キーボードの「変換」キーで変換することも可能です。

まとめ

本記事のまとめは下記になります。

  • 入力時、「F2」キーを使用するともともとの入力値を編集できる
  • 日本語入力ONでは、漢字やカタカタに変換できる

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました