コメントの名前を消す方法【Excel・エクセル】

エクセル
この記事は約3分で読めます。

Excelの機能の1つで非常に便利な「コメント機能」。皆さんにとっても使用頻度が高い機能の1つではないでしょうか。

使用頻度が高くなってくると気になるのが、コメントを追加したときに初期値で表示されるユーザー名を削除する作業。皆さんもこれにはイライラしているのではないでしょうか。

今回は、初期値で表示されるユーザー名をなんとか消すことができないか模索した結果をご紹介します。

コメント機能について知りたい方は下記記事をどうぞ。

コメントの名前(ユーザー名)とは

この記事を読んでいただいているということは、既にご存じかと思いますが、念のためご説明します。

コメントを新規で追加したときは、「○○○:」という入力があらかじめされています。この「○○○」にあたる部分がユーザー名です。

デフォルトでは、パソコンにログインしたユーザー名が入っていると思います。私は、Excelの使用者ユーザー名(Microsoft Officeのユーザー設定)をログインユーザーから変更しているので、画像のように表示されています。

このユーザー名は誰が記載したかがわかるようになっているわけですが、不要なことが多いです。

ですので、いちいち全て消してから文字を入力するという面倒なことをするわけですね。このユーザー名がもともと表示されなければいいのですが、その設定はどうすればいいのか、というのが本記事の目的です。

結論

色々調べた結果、設定で表示させないようにするのは難しそうです。ですが、いくつか代替案がありましたのでご紹介します。

  • ユーザー名を短いものに変更する
  • VBAで新規コメント追加時に表示させないようにする

それぞれ説明していきます。

ユーザー名を短いものに変更する

設定でなんとかできるのはこれぐらいではないかと思っています。

設定した表示名とコロン(:)は残ってしまいますが、少しでも削除する量を減らすことができます。


①「ファイル」タブをクリック

②「オプション」をクリック

③Excelのオプション画面「全般」をクリック

④「ユーザー名」に短い名前を設定

⑤「OK」ボタンをクリック

【結果】設定以降に新規でコメントを追加すると、設定したユーザー名が表示されます。


VBAで新規コメント追加時に表示させないようにする

少しレベルが高くなりますが、コメントを追加するVBA(マクロ)を作成して、初期値を何も表示させないようにすれば可能です。

内容については、ここでは書ききれないので、別の記事でご紹介させていただく予定です。

まとめ

  • コメントを追加したときのユーザー名は、設定で表示しないようにするのは難しい。
  • 設定でユーザー名を短いものに変更することは可能。
  • VBAでユーザー名を表示させないコメント追加マクロを作成することも可能。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました