セルの中で改行する方法【Excel・エクセル】

エクセル
この記事は約2分で読めます。

Excelでセルに入力しているとき、セル内で改行するにはどうすればいいか思ったことはないでしょうか。レイアウトを調整したいときに、どうしてもセル内で改行したい場合は結構多いと思います。

ですが、キーボードの「Enter」キーをタップすると入力が確定され、次のセルに移りますが、いくら「Enter」キーをタップしても改行することはできません。

気にしなければそもそもそんな方法があることなんて知らないままかと思いますが、折角本サイトに来ていただいたので、この機会にぜひその方法を覚えていってください。

セルの中で改行する方法


①改行したいところにカーソルを入れる(ダブルクリックで入力状態になります)

②「Alt」キー+「Enter」キーをタップし「Enter」キーで確定させる

他の記事で、列幅や行の高さを調整する方法をご紹介しておりますが、わざわざ調整しなくてもセルの中で改行してしまえば、行の高さは自動調整されますし、列幅も調整する必要がありません

できるだけ作業が少ない方法を、その都度判断して使用できるようになればかなりの工数が削減されますね。

行が自動調整されない

上記のセルの中で改行したときに、自動調整される場合とされない場合があります。

ここでは自動調整される場合、されない場合の条件についてご説明します。

自動調整機能が解除される場合

Excelファイルを新規で立ち上げたときは、自動調整される設定です。

ですが、下記操作をすると自動調整機能が解除されます(自動調整されない状態になります)。

  • 行の高さをマウスのドラッグで調整する
  • 行の高さをポイントで調整する

上記の作業がどういったものなのか知りたい方は、下記記事をご参照ください。

上記2点で調整した行は、自動調整機能が解除されます。再び自動調整機能を適用させたい場合は下記操作を行います。

自動調整機能が適用される場合

自動調整機能を適用させたい場合は下記操作を行います。

  • 行番号と行番号の間でダブルクリックする

上記操作を1回行えば、それ以降自動調整機能が有効になります。

絶対に自動調整されない条件とは

複数行をセル結合しているセルまたは行は自動調整されません。

まとめ

  • セルの中で改行する方法は、「Alt」キー+「Enter」キー
  • セルの中で改行すると、基本行の高さは自動調整されるが、ドラッグやポイントで設定した行は自動調整がされない

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました