複数の列幅・行の高さ調整方法【Excel・エクセル】

エクセル
この記事は約2分で読めます。

あなたは複数列・複数行の列幅や行の高さを調整するときに、面倒だと感じたことありませんか?

いちいち、1行ずつや1列ずつマウスでドラッグしたり、ポイントを入力したり、頻繁に行う作業としては数クリックあるというのは面倒ですよね。

Excelには、効率化を図れる便利な機能がたくさんありますが、今回はそんな中でも、複数列・複数行の列幅や行の高さを簡単に調整する便利な方法をご紹介します。

なお、今回ご紹介する方法は、下記記事で説明している「列幅や行の高さの基本的な調整方法」を前提としてご紹介しております。

今回の内容がよくわからなかったという方は、まずは下記をご参照ください。

複数の列幅・行の高さの調整方法

Excelでは、たくさんのデータを取り扱うことが多いので、1行ずつもしくは1列ずつ調整することは少ないと思います。

もしあなたが、そんなことをしているのなら今すぐその方法はやめて、今回ご紹介する方法を取り入れたほうがいいです。

手順は非常に簡単で、ダブルクリックで列幅や行の高さを調整する方法がありますが、この方法を複数列・複数行に対して一括で行うイメージです。

下記2つの方法に分けてご説明します。

  • 複数列・複数行をまとめて調整する
  • 全ての列・行をまとめて調整する

複数列、複数行をまとめて調整する

今回は、列を例にしてご説明します。


①調整したい列を複数選択

②双方向の矢印になったところでダブルクリック

【結果】選択した列が自動調整される

全ての列、行をまとめて調整する

私はこの方法をよく使います。なぜなら、列幅や行の高さの調整に最も素早い方法だと思っているからです。

この方法であれば、1クリック&ダブルクリック1回計3回のクリックのみで完了します。

特に、下記画像のように、横に長いデータのときに非常に有効です。


列番号Aの左横、行番号1の上のところをクリック

双方向の矢印の状態でダブルクリック

【結果】これだけの操作で、列幅が自動調整されます。

なお、この方法は行でも同様に使用できます。

まとめ

  • 複数列、複数行をまとめて調整する場合は、複数選択してダブルクリック
  • 全ての列、行をまとめて調整する場合は、全選択してダブルクリック

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました